お金のゆとりは心のゆとり?

お金のゆとりは心のゆとり?

お腹が空いているとき、イライラしてちょっとしたことで口喧嘩してしまう経験はありませんか?

 

お金のことも、少し似ていて、お金がないと、自分なりに頑張っているのに、何もかもがうまくいかない気がして、いつもイライラしている、というケースは想像以上に多いかと思います。
それが収入が増え、ギリギリの生活から抜け出すと心も落ち着いてくるのです。

 

収入が増えてお金に余裕ができると、心のゆとりもできるし、時間にもゆとりが持てるようになります。「貧乏暇なし」といいますが、寝る暇もなく一生懸命働いているのに貧しい生活をしている人もよくいますね。

 

子供が小さいと親世代も若く、喧嘩ばかりしているなんてケースはよくありますが、若く収入が少ないと、お金に余裕がなく、生活もゆとりがないせいかもしれません。
結婚すれば独身時代よりも出費が多いことは確かです。食費も一人分ではなくなり、子供が大きくなれば支出は増える一方です。

 

一人の時は自由にお金を使えたのが、結婚すれば子どもや家族優先になります。新婚時代は夫婦共働きもできますが、子供が生まれれば奥さんは子育てに時間を取られ、フルタイムで働くことが難しくなりますから、世帯収入は減ってしまいます。

 

お金があれば家事や育児の一部を人に任せることもできます。
ある人は「時間はお金で買える」というのですが、たとえばお金があれば家政婦を雇ったり、子供を託児所に預けて自由な時間を過ごせることを言うのだそうです。

 

「金持ち喧嘩せず」という言葉がありますが、お金持ちはお金のゆとりから心のゆとりを持っていて、無駄な争いはしないといった意味で、お金持ちだから心にゆとりがあるのか、心にゆとりがあるから金持ちになるのか、どちらが先かはわかりませんが、個人的には経済的な自由が先ではないかなと思います。

 

「お金がなくても愛があれば幸せ」といいますが、やはりお金はあるにこしたことはない、と思うのです。金の亡者になってもいけませんが・・・。
お金も愛もあれば理想的な幸せですね。

 

貧乏になりたくて貧乏になる人はいないでしょう。
がしかし、誰でも一生懸命お金を稼ぐことはできます。人は何年か本気で働けば、泥沼から抜け出すことができるはずです。

 

正直、50歳までは少しぐらい無理をしてでも必死でできるという部分があると思います。30代40代であればまだまだチャンスも若さもあります。年を取ってくると無理が効かなくなり、挑戦する気持ちにもなかなかなれないかもしれません。

 

今の仕事を本気でやっても良し、転職しても良しです。副業で稼ぐのもまた良しです。
まずは、今できることを2〜3年、本気になってやってみてはどうでしょうか。本気でやると自分でも驚くと思いますが、色々なことの流れが変わり、良いことが増えてきます。人生80年の中で、2〜3年、全力で何かをするのは難しくないと思います。

 

結局、うまくいかないことを誰かのせいにして文句を言う前に、本気でやってみよう、ということです。チャンスを掴んで、ゆとりのある生活で心も豊かになりますように・・・。